fc2ブログ

はじめまして!冬月@ロンドン生活の開始です!

どうも皆様はじめまして。

英語全くしゃべれない、インド×日本のハーフ公務員・冬月がお送りする、イギリス生活記録です。
 ブログも初☆
 海外の仕組み全然わからんちん(^0^)/

の生活から、1年のロンドン生活を経て、成長していくさまを描きたい!という、
成長するか全然わからない状態で書くブログです。
駄文、お許しくださいねm(_ _)m


さて、備忘録という意味も含め、留学の経緯、準備から
ゆーっくり日にちを掛けて書いていこうと思います!



さてさて早速ですが、
まず、夫の留学に同行する経緯から。



それは、私と今の夫がまだ恋人だったとき…。。(回想シーンスタート!)


2年半くらい付き合っていたのですが、その間彼が、時々思い出したように
 「イギリスに留学行きたい!でも冬月、仕事あるし、一緒に行けないなら無理だな…」
と、常々言っておりました。
(ノロケじゃないよ☆)

あっし、結構大丈夫そうって言われますけどね、
遠距離恋愛は絶対できないタイプなんですよ!!
うさぎ20匹分くらいの寂しがり屋で、すぐ死んじゃうんですよ!!(*´∀`*)

なので、私が足枷になっちゃってるのかしら?とも思ったけど、
あえて聞き流しまくっていました。
ヒドイだろぅ?(←スギちゃん風に読むこと。)

仕事辞めちゃえーとも言われましたが、生活があるのに
簡単にやめられないんだよぉぉ!(T_T)


そんな中、2014年8月の人事院勧告(※1)で、なんと、
「配偶者同行休業制度(※2)なるものができたのだ!!
施行は2015年4月からとのこと。

※1 人事院勧告とは?
  「人事院が国会、内閣、関係大臣その他機関の長に行う、国家公務員一般職職員の
   「給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告」の総称。
  人事院って実はすごくて、民間の給料とか職種とかを毎年調査して、
  国家公務員の給料が一般より高いor低いってのの差を、職種&年齢など細かくわけて
  比較して、民間の平均にあわせようとするんだよ~!しかも、毎年毎年!

※2 配偶者同行休業制度とは?
 「有為な国家公務員の継続的な勤務を促進するため、外国で勤務等をする配偶者と
 外国において生活を共にするための休業制度」です。
 …まぁ堅いこと言ってますが、今までだと、ダーリンが海外勤務や留学に行った場合に
 ダーリンに付いていくには、仕事を辞めなきゃいけなかったところ、
 休業だと、そのあと仕事復帰ができるんだぜ☆ってコトですね^^


この施行が決定&2014年9月あたりにそれを彼が知った途端。。

夫「じゃぁ、1年後の来年夏からイギリス留学行く!(*´∀`*)
  12月までに学校の願書出さないといけなくて、
  それに配偶者一緒に行くって出したいから、11月までに結婚しよう!!」

  …………………………

  ………………

  ………



ええぇぇぇぇぇ~~~~(゜Д゜)  ←注:冬月



このタイミング??
このタイミングなの??ねぇ?????

・・・とは思ったけど、もともと結婚願望がなかったとはいえ、
やっぱ言われると嬉しいモンなのよね(*´艸`*)


っつーわけで、9月に突然そんな話になり、2ヶ月後の11月には入籍しちゃったのでした!
(もちろん、超スピードで両家へ御挨拶、両家顔合わせ、結納などなど、ちゃんとやったのよ!!(笑))



そんなわけで、突然にして英語が喋れない冬月のロンドン生活開始までの珍道中へと続く・・・。。
(次回は「ダーリンの大学決定方法」について)
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

冬月Rii

Author:冬月Rii
どうも皆様はじめまして。
英語全くしゃべれない、インド×日本のハーフ公務員・冬月がお送りする、イギリス生活記録です。

ブログも初☆
海外の仕組み全然わからんちん(^0^)/

の生活から、1年のロンドン生活を経て、成長していくさまを描きたい!という、
成長するか全然わからない状態で書くブログです。
駄文、お許しくださいねm(_ _)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム