fc2ブログ
Archive | 2015年10月

バラマーケット散策&テート・モダン(美術館)へ☆

(前回記事「セント・ポール大聖堂~ミレニアム・ブリッジへ☆」)


前回の記事に続き、ロンドン市内散策に行きました!
ミレニアム・ブリッジを渡りきった目の前は、テート・モダンという
現代に近いアートがモリモリ飾られている建物があります。
この建物は、もともと発電所であった建物を改装して美術館に
したところなので、長ぁーい煙突が目印です!

晴れていれば、こんな感じの外見…。。
(写真はWikiさんより^^;)
テート・モダン(外装)


○テート・モダン
 20世紀以降の作品を集めた現代美術ミュージアムで、
 お財布に嬉しい入場無料☆



で、ここに行こうとしたのですが…
時間は12時少し過ぎ。
お腹すいたな・・・ということで、先に近くにある
バラ マーケット」に行くことにしました!


○バラ マーケット(Borough Market)
 "バラ"は薔薇(rose)じゃなくて、地区とかいう意味です!
 オーガニック・フードを扱うマーケットとして有名で、
 主に食べ物の出店が並んで大変賑やか♪



ここで、ランチを食べることに!

冬月は独断と偏見で、「並んでいるお店はきっと美味しいのだろう」という
仮説のもと、バーガーをチョイス!
みんなが頼んでいるものを覗くと…、イギリス名物(?)の
Pulled Pork(豚肉をバラバラにして甘辛く煮たもの)に、
キムチを挟んだもの…き、キムチ!?Σ(゚□゚;)
そして、前に倣え!で冬月もコレを頼んでみることに(笑)
バラマーケット(バーガー屋)


こんな感じのプルドポークキムチバーガー、£7。(£1≒190円で、約1,330円)
別のお店で、ビールも(^^♪(2杯で£9.5(約1.805円))
プルドポークキムチバーガー


ダーリンは別のお店で、無難にパエリアをチョイス。
通常盛りで、£9.5(約1.805円)
エビごろごろ!!
パエリア



食事の後は、出店散策。

チョコレート、クッキー、ケーキなどのお菓子をはじめ
(なぜかターキッシュデライトのお店もあった^^;)、
オリーブオイルやチーズ屋さん、サラミなどの燻製肉屋、
そして意外と八百屋がいくつもあった!

その中の1つのお店で、私の大好きなブルーチーズを試食した
お店があり、それがすんごい美味しかったの!!
そしてダーリンにおねだりし、ブルーチーズゲット!!
チーズ(外装) ブルーチーズ


これを後日赤ワインとともに食べたら、やはりテラ旨で!!
これを機にダーリンがブルーチーズにハマりました…♪(*´艸`*)


あ、話が飛んでしまった。。
閑話休題。


この後、テート・モダンまでたびたび戻り、小1時間滞在して
帰りましたとサ。
テート・モダンは…部改装中だったうえに、
う一ん、現代芸術って…よくわからなかった…(´ε`;)
たぶん機会がないと次から進んでは行かないかも…。。



(次回記事「初☆ハロウィンイベント@ロンドン」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



セント・ポール大聖堂~ミレニアム・ブリッジへ☆

(前回記事「ロンドン・コートールド美術館に行ってみました」)


ロンドンに来てから、早1か月。
ぜーんぜん観光らしきコトをしないで過ごしてきた冬月だが、
せっかく1年限定で渡英したのだから!と
今月から少しずつ観光にいそしんでみることにしてみました^^

その第1弾!!
 セント・ポール大聖堂
  ↓
 ミレニアム・ブリッジ
  ↓
 テートモダン
  ↓
 バラマーケット

の徒歩での旅!!
今回はその前半(セント・ポール大聖堂ミレニアム・ブリッジ)です☆

ロンドンに来てから毎日10時くらいに起床している冬月。
(ダーリンが遅くまで起きているため、就寝が2~3時なんだよぅ…(つд⊂))
この日は珍しく早起き(?)をして、10時くらいにお家を出発!!
バスに乗って、「セント・ポール大聖堂」へ向かいました!


○セント・ポール大聖堂
 今から約300年前に建てられた、バロック調の建造物。
 皆さんがこの大聖堂を簡単に思い出せるのは、
 たぶん1981年にチャールズ王太子とダイアナ妃の結婚式では
 ないでしょうか!?
 (冬月はまだ生まれてなかったけど、過去映像で見たことある!(・∀・))
 1F部分と地下が見学できるが、地下はなんと著名人のお墓になっている!
 (この大聖堂の創設者であるクリストファー・レンを始め、
  ペニシリンを発見したフレミングとか、画家のミレーとか。)



20分くらいで大聖堂に到着。
正門から、なんかもうすごーい!!
セント・ポール大聖堂(正門)


早速入ってみます!!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

入場料(冬月は大人£18、ダーリンは学生£16)を
お支払いし、入場。
中では、無料で解説ヘッドフォン(日本語もあるよ!)が
借りられます(*´艸`*)
中は、写真撮影NGなので入口からだけ…。。
セント・ポール大聖堂()


「すっごい煌びやか!!」というわけではないけれど、シックで
曲線と直線を生かした美と、落ち着いた色合いのタイルや
当時主流だった白黒の天井画と…。
細かな天使のレリーフやら、パイプオルガンに聖歌隊席、演説台。
どれを取っても素敵でした!!(*´∇`*)
(バロック調は大変冬月好み♪)


地下はお墓だらけで若干寒気がしたものの、日本とは
お墓文化もだいぶ違うので、怖いものではないみたい。。


1時間ほど滞在し、お次はセント・ポール大聖堂の向かいから
テムズ川を渡ることのできる「ミレニアム・ブリッジ」へ!
ミレニアム・ブリッジ(端)


○ミレニアム・ブリッジ
 正式名称は「ロンドン・ミレニアム・フットブリッジ」。
 この橋はミレニアム記念事業として設計・施工され、
 2000年6月10日に開通!!
 …したものの、あまりに大きな横揺れがあったために開通3日後に閉鎖…。。
 約2年後の2002年2月22日に再開されたとな…。。
 橋渡った後にコレを知ったからよかったけど、その前に知ってたら
 怖くて渡れなかったわ!!ww



この橋は交渉恐怖症の冬月にはだいぶ試練が必要な橋…。。
しかし、何事も挑戦!!><
恐る恐る渡ってみると… 
下が川なせいか、挑戦心か、そんなに怖くなかった!!(・∀・)☆
橋の上からは、ロンドン橋ザ・シャード(右の背の高い尖がっているビル)
がよく見渡せます!
曇りの日ではあったけど、とても気持ちいい!!
ミレニアム・ブリッジからの景色


そんなに長い橋でもないし屋根もないので、開放感を求める方には
持ってこい!(ノ´∀`)ノのスポットだと思いました☆


ミレニアム・ブリッジを渡り切ってセント・ポール大聖堂を臨むと、
きれいな2大ショットが撮れますよ!(*´艸`*)
セント・ポール大聖堂とミレニアム・ブリッジ



(次回記事「バラマーケット散策&テート・モダン(美術館)へ☆」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

ロンドン・コートールド美術館に行ってみました

(前回記事「"ケール"を青汁以外で摂ったこと、ある?? ~ケール料理に挑戦!~」)


ある日、ひょんなことからダーリンの大学に用事があり、
じゃぁお昼ご飯学食で食べてみる?という話から、
私も一緒に彼の大学に行くことになりました。

彼の大学のキャンパスはロンドンの都心部に集中して
いるのですが(その中で、彼の通常通うキャンパスだけだいぶ南にある…)、
その中でも中心キャンパスが Strand(ストランド) というところにあり、
今回はこのキャンパスで事足りるとのことで、ストランドまでテクテク!
家から歩くこと20分強、ダーリンの大学に到着!

…なんか、大学自体歴史的建造物みたいな感じで、
すごい立派な建物でビックリΣ(゚Д゚)!!
と思ったら、隣の建物(というか大学が建物の一部?)は
「サマセットハウス」と呼ばれる、有名な建築物らしい。
さまざまな政府関連機関、芸術・教育関連機関(これが彼の大学)が
入っており、冬には真ん中の広場がスケートリンクになるらしい!!( ゚∀゚)

そしてこの"芸術"の部分にあたるのが、この敷地内にある
「コートールド美術館」だ。


■コートールド美術館
 Somerset House, Strand, London WC2R 0RN
 http://courtauld.ac.uk/gallery



この美術館、なんとダーリンの通っている大学の学生は
入場料無料!!
そして一般人(冬月)は£7…!(£1≒190円で、約1,330円)
この違い…!!(-ω-;)

しぶしぶお会計して(←!)入場すると、とても小ぢんまりとした
美術館で、大変素敵!!
印象派の絵が多いようで、絵に疎い私でも知っているような
有名どころの絵も!!


・マネの「フォリー・ベルジェールの酒場」
マネ「フォリー・ベルジェールの酒場」


・エドガー・ドガの「舞台の2人の踊り子」
エドガー・ドガ「舞台の2人の踊り子」


・ゴッホの「耳を切った自画像」
 これは後ろに浮世絵がかかれているので、日本では大変有名ですね!!
ゴッホ「耳を切った自画像」



こんなに教科書に載っているような絵を生で見られるのに
感動した冬月でした☆
じっくり見ても1時間程度で廻れるし、ロンドン中心部にある
美術館なので何かの合間に訪れるのもオススメです!!



(次回記事「聖ポール大聖堂~ミレニアムブリッジへ☆」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

"ケール"を青汁以外で摂ったこと、ある?? ~ケール料理に挑戦!~

(前回記事「セコビア風ブラウンマッシュルーム☆(マッシュルームのガーリック炒め)」)


みなさま、こんにちは。
冬月です。(´∀`)

さて、みなさまは「青汁」って飲んだこと、ありますか??
冬月は、ありません!!(きっぱり)
でも日本にいたとき、CMではだいぶ耳なじんでいた代物。
そのなかでも、青汁に配合されているスーパー栄養価の高いと
紹介されていた野菜。

それは、ケール!!

ケールって、日本にいるときはスーパーでも見かけないし、
イメージで「ほうれん草みたいな野菜??」って思ってました。


しかしロンドンに生活するようになって、野菜コーナーを物色していると…
ケール、めっちゃ普通に置いてある!!
しかも大量!!(*´∀`*)
スーパーマーケットのケール


はい、ほうれん草っぽくなかったデスね…ホント
イメージだらけの世間知らずで恥ずかしい。。

ケールがスーパー野菜と言われる所以は、基本的に野菜としての栄養価が
高いのはもちろんのこと、
「特にビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、
 その他のビタミン、ミネラル、葉緑素(クロロフィル)、GABA(ギャバ)、
 食物繊維、葉酸、たんぱく質なども豊富で、単一野菜では最高レベル」

とのこと。

効能は
 ・抗酸化作用
 ・デトックス効果
 ・発ガン性物質の活性化の抑制
 ・美肌効果
 ・目の健康に働きかける効果
 ・睡眠を促進する効果
 ・歯と骨を丈夫にする効果
 ・免疫力を高める効果

ということで、まさにいいことづくめの野菜ではないか!?!?


でも~~ケールって青汁に多く含まれている野菜&
健康にいい青菜だから、苦いんでしょ???(´・ω・`)

……と独断と偏見で思っていたものの、インターネットで調べてみると…
どうやら、熱を通すと甘味が出て、美味しいらしい…!


ということで、今回初めて
ケールを購入してみました!!

倍量の400gのモノもあったけど、初めての体験(笑)なので
200gの少量タイプを購入。
…少量でも、結構な大きさの袋だわ…^^;
これで、£1。(≒約190円)
ケール200g

そして、スムージーにするようなミキサーも持っていないし、
ケールは熱を加えても栄養価がほとんど変わらないらしいので、
ネットに落ちていた炒めレシピで調理してみることに!



「ケールのニンニク炒め」

【材料☆】
 ・ケール 80g
 ・ベーコン 30g
 ・にんにく 2かけ
 ・オリーブ油 大さじ2 
 ・塩胡椒 適量
 ・砕いた唐辛子(お好みで)

【作り方☆】
 ①ケールをお好みの大きさにちぎります。
  ベーコンは小さく切ります(これもお好み)。
  ニンニクはスライスにしておきます。

ケールは、こんなモリっとした量!
ケール(洗ったあと)


 ②オリーブオイルとニンニクをフライパンに入れ、
  低温でじっくりニンニクの香りを出します。
  香り立ったらベーコンを炒めます。
ベーコンとニンニク(炒め)

 ③ベーコンに火が通ったら、ケールを投入!
  油がなじんだら蓋をし、2分程度蒸し焼きにします。
ケール投入

 ④塩コショウ&唐辛子で味を調え、完成!!


出来上がりました☆
ケールのニンニク炒め



お味のほうは…
普通においしいじゃん!!(*´艸`*)
ニンニクとよく合う~~!!

なんでコレ、日本で売ってないの??と不思議になるくらい…。。
まだあと半分ちょっと余ってるから、次回は違う調理法も
挑戦してみます!

あかん、ケールにハマりそう!!(ノ´∀`*)



(次回記事「ロンドン・コートールド美術館に行ってみました」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

セコビア風ブラウンマッシュルーム☆(マッシュルームのガーリック炒め)

(前回記事「お昼から飲んだくれ計画 in パブ・punch tavern」)


冬月は、キノコが大好きである!!
(下ネタ的な意味じゃないからねww)

特に舞茸においては、神様じゃないか!?:(;゙゚'ω゚'):
と見紛うくらい大好きなのである。

ほか、エリンギも最高だし、エノキしめじなんかも料理の汎用性も高く、
メインにも脇役にも回れる。
椎茸も良い出汁が出るので、素揚げにしてもパクパクいけてしまう。


そんなキノコ好きな冬月であるが、唯一苦手だったキノコがある…。。(-ω-;)
それは、マッシュルーム

なんつーかこう、あの味とサイズがあまり好きでなく、
日本ではほぼ購入したことがなかった。。


しかーし、イギリスでキノコを購入しようとすると、
ほぼほぼマッシュルームかジャンボマッシュルームしか売っていない…。。(◎_◎;)
(うちの近所には"Shiitake(しいたけ)"や"Shimeji(しめじ)"も
 売っているけど、普通は売っていないところがほとんどのようだ…。)


そんなわけで、冬月も「キノコ好き」を語っている以上、これを機会に
マッシュルームとの歩み寄りを図ろう!( ゚∀゚)
と計画し、料理してみることにした。


これが……おいしいのなんの!!!(* ゚д゚ *)
なんなの、マッシュルーム!!良い出汁出るじゃない!!
素敵な食感じゃない!!汎用性高じゃない!!
美味しい~~~!!!!!(*´∀`*)



……と興奮し、それ以来ウチの極狭冷蔵庫には
欠かさず生マッシュルームが常備されています♪
そして、自然とマッシュルームの料理レパートリーも増えることに。


その中でも、今回ご紹介したいのが
 "セコビア風マッシュルーム炒め"
というイカニモなもの!(`・ω・´)

この「マッシュルームのセコビア風」というのは
スペイン料理の一般的なタパスらしい。
調べてみると、この「セコビア」というのはスペインの地名なんだって。


このタパスの作り方は数多あるみたいなんだけけど、
少し我流でアレンジして料理しています♪
そして(需要があるかどうかわからないけど)レシピ大公開!!


【材料☆】
 ・ブラウンマッシュルーム 10個程度
 ・にんにく 2かけ
 ・バター 10g
 ・オリーブオイル 大さじ2程度
 ・白ワイン 大さじ3
 ・塩コショウ 少々

【作り方☆】
 ①ブラウンマッシュルームは洗い、石突を少し取ります。
  茎(?)の部分は残してOK!
  ニンニクはみじん切りにしておきます。

 ②フライパンにバター、オリーブオイル、にんにくを入れ、
  弱火でじっくりニンニクの香りを油に移します。
  イイ匂いがしてきたらマッシュルームを入れて、
  弱めの中火で炒めていきます。
セコビア風(炒め中)


 ③塩コショウで味を整え、白ワインを入れたら蓋をします。
  1~2分蒸し焼きにし、完成!
  これに、私は少量の鷹の爪(砕いたもの)を入れて
  ピリ辛にしちゃいます(*´艸`*)


そして完成がこちら!!(*´∀`*)
セコビア風(完成)



これが、おいしいんだ!!
マッシュルームに加えて、キャベツ、ベーコン、その他お野菜なんかを
一緒に炒めてもおいしそう♪

うちの定番メニューが増えたのでした☆^^
日本でも作れるし、キノコ大好きなアナタもぜひ挑戦してみてください!!(*´艸`*)



(次回記事「"ケール"を青汁以外で摂ったこと、ある?? ~ケール料理に挑戦!~」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

お昼から飲んだくれ計画 in パブ・punch tavern

(前回記事「サマータイムが終わります!@ロンドン」)


前の記事「"2013年パブコンテスト"でグランプリを獲ったパブへ☆」でも
書いたところ、現在ロンドンに遊びに来ている先輩・O姐さんと、
ダーリンと同じ大学に通っている元上司・N係長とともに

 お昼から飲んだくれ計画
    ~パブ飯を喰らうぞー!~


を決行しました!!(*´∀`*)


決行場所は、コチラ。


■The Punch Tavern
 99 Fleet Street, London,EC4Y 1DE
 http://www.punchtavern.com/

Punch tavern(入口)

外見もとても素敵なヴィクトリア調のパブで、ジンとパイ料理が有名らしい!
このパイ料理においては、2014年度の"Great Taste Awards"で
とある会社が選定している
パブコンテストで優秀賞を獲得したお店とのこと!


店内カウンターにはお酒がズラリ。
Punch Tavern(カウンター)

お昼の少し前に来たものの、店内は大変にぎわってます!
Punch Tavern(店内の様子)


そんなわけで、当日は優秀賞を獲得したパイを食べてみることに!(ノ´∀`*)


パイは、シーフード、ビーフ、チキン、ベジタブルから選べる様子。

私とダーリンはビーフのパイに、+£3でプディングセットに。
(あとフィッシュアンドチップスを折半☆)、
O姐さんもビーフのパイ、N係長はシーフードのパイに。

そしてO姐さんと私は、昼からビールも行かせてもらいました♪(*´艸`*)


こちら、フードのメニュー表。
メニュー表(食事)


ドリンクのメニュー表。
このほかに、黒板メニューのジンカクテルもあった!
メニュー表(ドリンク)



待つこと20分強…。。
きました、優秀賞を勝ち取ったパイ!!

ビーフパイはこんな感じです☆(£13.5、+サ料が10%。)
Punch Tavern(Winner Pie)


味は…

うん、おいしい!!
すごくおいしいぜコレ!!(* ゚∀゚*)


前回行った「The Andover Arms」というパブ
(「"2013年パブコンテスト"でグランプリを獲ったパブへ☆」参照)
と同じく、パイの中にお肉がギッシリ詰まっていて、
廻りにお野菜、マッシュポテトがモリモリ。
その上からグレイビーソースがたっぷりかかっていて、
全体がすごくマッチしている味わいで美味。

あと、写真はないけど定番のフィッシュ&チップス(£6.5+サ料。)は
日替わりメニューで、毎日はないみたい。。
こちらも、安定のおいしさ☆
白身魚のフワフワ感と、自家製タルタルソースの酸味のおかげで
揚げ物なのにしつこくなくサッパリいけちゃう!(*´艸`*)

ロンドン、今まで行った外食、全部アタリ!!
ただ、日本と比べるとすっごい高いだけで…。。(-ω-;)

ビールの写真はないのだけれど、冬月はホップが効いている
Marston's EPA」というエールビールをチョイス。(£3.9に+サ料)


余談ですが…
ロンドンのエールビールは
 「キンキンに冷えてるゼ☆」
という感じではなく、なんとな~くぬるいものが出てくる。
これもまた食事と合って、味わい深くておいしいのよ…♪


そして最後に、デザートのプディング☆
この日はフォンダンショコラのバニラアイス添え。
正直おなか一杯でデザート頼まなくても満足できた…(笑)
けど、甘~~~くておいしかった(*´艸`*)


ここもまた足を運びたいパブでした!!ヾ(o´∀`o)ノ



(次回記事「セコビア風ブラウンマッシュルーム☆(マッシュルームのガーリック炒め)」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

サマータイムが終わります!@ロンドン

(前回記事「"2013年パブコンテスト"でグランプリを獲ったパブ「The Andover Arms」へ☆」)


本日25日、AM2:00(日本は25日(日曜日)のAM10:00)
に、イギリスのサマータイムが終了します!!(ドヤッ)



そうなんです、日本ではあまり馴染みのないサマータイム、
イギリスでは10月の最終日曜AM2:00(=AM1:00)に終了と決まっています!
ちなみに、開始3月の最終日曜日AM1:00(=AM2:00)です^^

日本にしか住んだことのない冬月は、もちろんサマータイム初体験!!
(以前仕事で、船に乗って日本→インド→スリランカ→日本と
周遊したときに、時差のために時間変更はあったけど。)

日本も一時、サマータイムの導入について検討がされていたけど、
サマータイムのメリットって、照明やエアコンの「電力」
節約できるからという理由が主らしい!
そして衝撃の事実…。
日本も昔は、1948年から1951年にサマータイムが実施されたことがあるらしい!!
でも、評判が悪くてやめちゃったとのこと…(;´Д`)


さらに調べてみると、2015年現在、国連加盟国193カ国のうちサマータイムを
実施しているのは、全加盟国の約1/3である63カ国とのこと。
ただ、サマータイム導入国でも州によって実施の有無を決めることが
できる国もあるようだ!


ここで、長く記憶に閉ざしていたことを思い出した…。。。


…十数年前、冬月がまだ高校生だったころ…。。
(回想シーン、スタート!(ノ´∀`*) )

私が通っていた高校は、なぜか夏時間と冬時間で分かれていた。

夏時間(4月から)は8:25までに登校、授業が1コマ50分
冬時間(10月から)は8:55までに登校、授業が1コマ45分

冬時間は学生にとって超嬉しかった!ww
登校時間が30分も遅くなるうえ、授業も5分早く終わってたのだから!!ww
制服の"夏服""冬服"のチェンジも、この時期に合わせてた!

しかし、私たちの学年が卒業してから2年後、この時間差制度は廃止になり
夏時間1本に統一されたという…。。
たしかに、学校私立だったから常にエアコン入ってるし、
世の中はサマータイムとかなかったし、必要ないと判断されたのかも^^;


でも、毎年サマータイムがあるのは結構めんどくさいな~なんて
生活しながら思いました。。
(アナログ時計なら、いちいち調整しなきゃいけないしね!)
国が違えば、文化を…を身をもって体験したのでした^^;



(次回記事「お昼から飲んだくれ計画 in パブ・punch tavern」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

"2013年パブコンテスト"でグランプリを獲ったパブ「The Andover Arms」へ☆

(前回記事「日本からの調達物資に感謝!!><」)


前回、日本からの物資を手に、職場の先輩・O姐さんがロンドンへ遊びに来た
記事を書きましたが(上部「前回記事」リンク参照)、O姐さんが
 「ロンドンに行った際は、パブ飯を食べたい!!」
と所望しており、
 ロンドンで有名なパブはどこか?(・・?
というのを調べてみました。。


まず、トリップ○ドバイザーでチェック。
すると、良いも悪いもかなりの量がヒットしてしまい、
なかなかパブの絞り込みができない…。。(-ω-;)

イギリス全土には5万数千件のパブがあるとも言われており、
その中でもロンドンは最多数のパブがあるとのこと。相当な数…。
これは絞り込みが難しそう。。

ということで、次に「まとめ記事」やらネットニュースの記事やらで
ピックアップされているようなパブを探し、その中でも
有名そうなパブを3つほどチョイスし、
 「お昼から飲んだくれ計画 with 先輩・O姐さん」
 (サブタイトルは ~パブ飯を喰らうぞー!~ でお願いします)

を決行することに!!
(この計画の本実行結果については、また次の記事で…)


で、この決行日の2日前、O姐さんがロンドンに到着しました!

本当はこのパブ飯ノンダクレ計画の日に救援物資を
持ってきていただこうとしていたところ、その救援物資が約4kgもあり、
それを持って午前中観光させてしまうのは忍びない…
というのと、先にパブを調べて3つイイカンジのパブをチョイスしたうち、
1つが先輩の宿泊するホテルからほど近いところにあることがわかり!!
ノンダクレ計画の前々夜祭(あくまで本開催じゃないよ☆( ゚∀゚))
O姐さんのロンドン到着日に開催することに!!

お店は、こちら☆

■The Andover Arms
 Address:57 Aldensley Road, W6 0DL
 http://theandoverarms.com/



パブへは、地下鉄の駅「HammerSmith」駅(ピカデリーライン)から、
歩いて10~15分くらいで到着します。
ただ、途中住宅地をずっと抜けていくので、道間違えてないか心配だった…。


このお店、2013年のパブコンテストでグランプリを獲ったという
パブで、雰囲気超~~~最高でした!!
まさしく"レトロ"が似合う感じ!!
(外観の写真は撮り損ねてしまった…)

内装は、昼間は明るい!
The Andover Arms

しかし、夜になるとフラッシュなしでは写真撮れないくらい薄暗くなります…。

私たちは16時くらいにお店に到着したのですが、店内はまだまばらな人。
というのも、このパブは"パブ飯"で有名なようですが、
料理のオーダーは18時から!!( ゚д゚ )
ということで、2時間は飲んで過ごすことに…。

カウンターのサーバーには、ビール(7種類)、サイダー(4種類)が
あり、私はビール(Fuller'sというブルワリーの「London Pride」、)を、
ダーリンはサイダー(Cornish Orchard)をば。
こちらでいう「サイダー」という飲み物は、見た目は本当に
味付きのサイダーといった感じなんだけど、アルコール度数はビールよりも
髙いです!!注意!!
両方で、8.3£。この時間帯はサ料はありませんでした。


そして待つこと…2時間。
やっと料理のオーダー開始のお時間になりましたー!!(*´∀`*)
私たちは、
「Steak & venison pie」
という料理を2人でシェアすることに。


こちらが「Steak & venison pie」!!(12.95£、サ料は別で+12.5%)
The Andover Arms(パイ)

うず高いパイ、そしてその中に鹿肉がたっぷり入っていて、その下には5種類程度の
お野菜がイイカンジの茹で具合で敷かれており、マッシュポテトが添えられています。
そして、全体にグレイビーソースがかかっていて、ビーフシチューを思わせるような
濃厚な味わい。。
これは…おいしい!!Σ(・□・)

さらに、ビール2種(Kronenbourgブルワリーの"1664"、Fuller'sブルワリーの"Frontia")
を追加オーダー。(Frontiaをハーフパイントで、合計7.5£。)
"Frontia"というビール、驚くほどホップの味が強かった…(´Д`)


私たちがこれらをほぼ完食したころに、先輩・O姐さんが
19時くらいに到着!!
久々の再会を果たし、今旅第1号になるであろうO姐さんの食事をば。
メニューにはありませんでしたが、フィッシュ&チップスをチョイスしました!
そして、私たちにもおすそ分けをくれました…♪
普通においしかった!!
(写真を撮り損ねてしまったのですが、13.75£(サ料別)。行かれる人は参考に♪)


それからビールを飲みつつ21時過ぎまでお店にいて、
18時を過ぎたあたりからお店が激混みしていく様を見届けました…。。
ここのお店、実は予約が必須のようです。。
行かれる方は、上記HPから席予約ができるのですべし!!

その後は無事に先輩をホテルにお送りし、大満足のパブ飯&
素敵な日本食材GETの夜は更けていくのでした…。。。



(次回記事「サマータイムが終わります!@ロンドン」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

日本からの調達物資に感謝!!><

(前回記事「ロンドンで猫カフェに行ってきました♪」)


職場の先輩・O姐さん(美女)が
ロンドンに遊びに来ました!(*´∀`*)



出発前から「ロンドン行くよー!」と連絡をいただいており、
(前回同僚がロンドンに遊びに来た時もそうだったんだけど)
 「コレさいわい!(・∀・) 」
と、日本物資の調達をお願いさせてもらいました><


お願いしたのは、以前ブログでも書いたけど、ロンドンでテラ高いと
言われているお醤油と、日本のマヨネーズ!!
イギリスはマヨネーズは売っているのですが、なんか…酸っぱいんです…。。(-ω-;)
日本のマヨネーズって、味の素とキューピーが販売を競い合ったおかげで
大変おいしい味になるよう、研究されてできた賜物なんですのよ!!
コレ、雑学。

それも、醤油2Lマヨネーズ700gサイズ×2個と、
お礼を言っても言い尽くせないほどの量を持ってきてくれました!!

ちなみに、これをロンドンで購入すると…

 醤油1L…£6.59(£1≒190円で、約1,252円)
ヤマサ醤油1L

 マヨネーズ…3分の2程度の量(450ml)のもので、
       £4.19(約796円)
マヨネーズ450g

なーんて驚くほど値が張ります!(;´Д`)
それを2個ずつ…。
神だ、神としか思えん!!


O姐さん自身、以前アメリカの公立機関で仕事をしていた時期があり、
当時日本のものが全然手に入らなくて、自炊で苦労したそうな。
そんな経験も活かしてくれ、なんとお願いした以上の量&昆布やおせんべい、鰹節など、
ロンドンではまぁ~高すぎて買わないだろうな…と思っていた品々を贅沢に差し入れてくださって…。
本当にありがたくて涙が出ます!!(つд⊂)


ちなみに、こちらがいただいたおせんべい。
赤坂にお店のある「柿山」のです!
こんなナウいアソートがあるんですね!!
可愛い!!(*´艸`*)
柿山せんべい 柿山せんべい(バラ)


O姐さんに会えた嬉しさと、素敵な日本食GETの感動で
テンションMAXな冬月でした☆



(次回記事「"2013年パブコンテスト"でグランプリを獲ったパブ「The Andover Arms」へ☆」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

ロンドンで猫カフェに行ってきました♪

(前回記事「サイレンの鳴り響く日」)


冬月は、ネコが好きだ。
大のネコ好きだ!!

ブログのプロフィール写真は、私が作った猫のリングピローである。
実際に、自分たちの結婚式用に布から手作りしたものだ!!
周りから
 「…………ネズミ??」
 「わかった、子犬でしょーーー!なんで犬にしたの??」

とか言われたって、作ったのはネコのリングピローなのである!!
(ちなみに、指輪は首のパールの部分にぶら下げるタイプです。。)


そんなネコ好きの冬月、結婚した新居ではネコを買っていなかったけど
(すぐにロンドンに行くことがわかってたから飼えなかった…)、
実家では超~~~美人なネコを飼っている。
暴れん坊ちゃんだけど、もうとんでもなく可愛いワケである!!(*´Д`)ハァハァ


でも、ロンドンにはあんまり野良猫はいない…。。
野良リスはたくさんいるし、向かいの建物ではなぜかヤギを飼っているのが
よく庭に出ているのがみられるし、ちょいと田舎の人の家に行けば
新宿よりもネズミのエンカウント率が高い。

でも、ネコなのだ!!
ネコに会いたい、触りたいのだ!!!!!(*´Д`)



…ということで、ロンドンの猫カフェを探してみることにしました♪
すると、どうやら1件あるようです!
しかも、去年できたばかりのホヤホヤ!!

ということで、その日のうちに最短の日にちで予約が取れる時間帯を
ソッコー予約!!
先日、行ってきました☆


場所はLiverpool Street駅から歩いて15分ほどの場所にある、
「Lady Dinah's Cat Emporium」
(レディー・ダイナズ・キャット・エンポリアム)

というお店です♪


■Lady Dinah's Cat Emporium
152-154 Bethnal Green Road, Shoreditch, London, E26DG
http://ladydinahs.com/


外観はこんな感じ。
猫カフェ(外観)


こちら、開店当初は一気に3か月先の予約まで埋まってしまって、
さらに想像以上のアクセスにサーバダウンまでしたそうだけど、
今回は運よく1時間帯だけ空いてました♪
しかも、その空いていた時間帯が10:00~11:30という、
開店の時間スタート。
ということは、夜行性の猫ちゃんたちがまだ活動している時間帯!!(*´∀`*)
(猫は午後になると、ほぼ寝ます…猫カフェや動物園の猫科をお目当てで
 行かれる方は、午前中がおすすめ!)

料金は1時間半、チャージとして6£ほど。
そんなに高くなくない??
日本とほぼ同じ感じじゃない??(*´艸`*)
これでネコちゃんをモフモフできる権利が与えられるなんて。。。




+.゚ ゜*。(*´Д`).。o○()。*° 。*:゜




………おっと、妄想に突っ走ってしまった。。
本題に戻ろう。。。


まず、入店。
なぜか、ケーキを売っているカフェ的なところから入る。
そして予約している旨を告げると、奥に通されます!

そして英語での説明(早口すぎてほぼわからず、適当にうなずいてた^^;)、
石鹸を使っての念入りな手洗い。ごしごし。

そして、ついに猫カフェに入場~~!!
私たちのほかには1組しかまだいなくて、ネコちゃんをしばし
ほぼほぼ占領状態!!(*´∀`*)
ヘブン!!!!!


始めにいた1組は1階のお部屋で座っていたけど、
私たちは地下の椅子に通され、そこでネコたちと戯れる!(*´Д`*)

1階はこんな感じ。
猫カフェ(1階)

こちらが私たちの通された地下。
猫カフェ(地下)


そこからは1時間半、紅茶(2.5£、約480円)を飲みながら
猫ちゃんと遊んだり、なでたり、無視されたり、
至福の時間が過ぎました…(´∀`*)ウフフ
最終的には、15組弱のグループがいました。

私のお気に入りは、白黒ロンゲのこの子!
(後で調べたら、名前は"Carbonelle"ちゃんというらしい。
 カルボネールちゃん?なんか美味しそうな名前だ…。。←←)
白黒ちゃん(全体) 白黒ちゃん(アップ)


あんまり懐いてはくれなかったけど、時に自分からスリスリしてくれたり、
ホントかわいかったです!!
癒された!!(*´∀`*)

おでぶちゃん

腕枕寝

三毛のロンゲ


(次回記事「日本からの調達物資に感謝!!><」)


↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
プロフィール

冬月Rii

Author:冬月Rii
どうも皆様はじめまして。
英語全くしゃべれない、インド×日本のハーフ公務員・冬月がお送りする、イギリス生活記録です。

ブログも初☆
海外の仕組み全然わからんちん(^0^)/

の生活から、1年のロンドン生活を経て、成長していくさまを描きたい!という、
成長するか全然わからない状態で書くブログです。
駄文、お許しくださいねm(_ _)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム