fc2ブログ
Category | ロンドン観光

春のキューガーデンへ!!


(前回記事「ロンドンでも美味しいシーフード♪Loch Fyne」)



渡英した時から、世界遺産である庭園
 キューガーデン
行こうと決めていました。

というのも、どのガイドブックを見ても
 キューガーデン
  6月がオススメ(*´∇`*)」

とテンション高く書かれているから…!


しかし、去年のに渡英した冬月たちは
まぁそんなこと綺麗にサッパリ
足りないオツムの中から忘れていて、
肝心の6月は近くの公園で
 バラ綺麗だねぇ(ほんわか)
なんてノホホンとしていたある日。

寮の友人・T岡夫妻(こちらもそろそろ帰国!)
と立ち話していたとき、
キューガーデンくらいは行こうと
 思ってるんですよね~」

的なお話をされていました。
(というのも、T岡夫妻は5月に
 お子様が生まれまして(*´艸`*)、その関係で
 このイギリス滞在の1年、旅行に行くのが
 難しかったのです><)



で、ここにきてやっとこさ
キューガーデンの存在を思い出した
冬月ww
(この時点ですでに6月後半w)


そんなわけで、7月に突入してしまいましたが
やっとキューガーデンに行ってきました!!
(*´∇`*)
2003年に、ユネスコ世界遺産
文化遺産に指定されております。




○キューガーデン
 Kew, Richmond, Surrey TW9 3AB
 公式HPはコチラ





まずは入場すべし!!

最寄駅"Kew Gardens"までは地下鉄
行ったので、一番近いビクトリアゲートより
入場しました。

チケットが地味に高く、£15(笑)
(ダーリンは学生料金£14。いいな~^^;)
「外食の1食+ビール料金だな…
って薄ら暗く思ってしまうあたり、
小庶民な冬月…。。

5分程度チケット売り場で並び、
いざ入場!!(*´∇`*)



この入り口から少し先に、早速キューガーデン
メインビルディング"パームハウス"
があります(*´艸`*)
パームガーデン
こちらは温室になっていて、建設当時の
造船技術を取り入れて、手吹きガラス
作成した建物だそうです。
曲線的な外観がすごい!!


温室なため、バナナヤシの木なのどの
「The 温室の植物」といったものや、
見たことのないお花植物にも
出会えます!!
パームガーデン内の植物



地下には"海の植物"も展示してあり、
もチラホラいます。

そして、ここでチンアナゴ発見!!
チンアナゴ発見!
かーわーいーいー
きーもーいーーー!!




小1時間ほど温室を堪能し、裏にある
ローズガーデンへ。
個人的にはメインエベントなローズガーデン
でしたが、時期的に
半分以上枯れとる…(;´・ω・)


それでも綺麗な薔薇を見つけては
バシャバシャ写真を撮りました 
薔薇園
薔薇よ、モデルありがとうm(__)m



お次は、故・ダイアナ妃が作ったという
"プリンセス・オブ・ウェールズの温室"
へ。
冬月的には、ココが一番面白かった!!
プリンセス・オブ・ウェールズの温室

ビックリしたのが、爬虫類が放し飼い(?)に
されてたことかしら…。。
いぐあな…?



このほかにも、全部はとても広くて
回り切れませんが、ぐるっと散歩して
最後は定番のお土産屋さんへ。

そしてこれまた定番のオリジナルビール
ゲットしました(笑)
(各£3.5)
キューガーデンのクラフトビール



本当におの季節、天気よければ
一日中キューガーデンで過ごすのも
気持ちよさそうでした!!





(次回記事「タルト"メイズ・オブ・オナー"を食べてみる!」



↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テムズ川をボートで移動してみた!!~グリニッジからロンドン塔まで~


(前回記事「ウェストミンスター寺院にやっと行ってきた!」)



先日から続いている、我が母
渡英してきているために観光地を
回っているブログ記事ですが、
実はこの日は1日
 "ロンドンパス"
というカードを事前購入して、
こちらを使用して回っています!!
ロンドンパス
このパスは、多くの観光地の入場料
テムズ川クルーズ乗り降り自由バスなどが
1日無料で使えるパス
なのです!!(・∀・)
(こちら、2日券3日券などもあるそうです!)


んで、本来グリニッジからロンドン塔
あたりまでは地下鉄国鉄のほうが
移動時間が短いのですが、
日本ではあまり体験できない
川を使った交通機関☆(*´∀`*)
という体験ができるので、この
ロンドンパスを使って
 "テムズ川クルーズ"
を決行いたしました!!
テムズ川クルーズの船
…といっても、所要30分クルーズです^^;



さて、今回乗車したのは
グリニッジの船着き場(Greenwich Pier)
から。

ここからは行先にもよりますが、
ロンドン塔のある"Tower Pier"
までは大体30分間隔で運航しています!
グリニッジピア
グリニッジピアからの眺め


こちらにロンドンパスを使って乗るには、
まずロンドンパスチケット売り場
提示すると、24時間有効券
発行してくれます!
これを使って
24時間乗り降り放題~♪
といった感じです^^



さて、このボートは、屋根なしの2階部分
1階があります。

コチラは1階の様子。
テムズ川クルーズの船内


冬月たちは1階バーカウンター
に近い席を陣取りました。
バーカウンターでは、ソフトドリンク
簡単なスナックをはじめ、ビール
リキュール類も売られています!!
船内売店


そんなわけで、ビール大好き冬月
冬月よりもビール大好きな
飲まないわけはなくww
 おつまみ+ビール=£5
というセットに喰いつき、出発前に
船でカンパ~~~イ!!!!!
(*´∀`*)

ビールとおつまみのセット!



時間通りには動き出し、10分経過すると…
なんだかが、文字通り怪しい雲行きに…。。

そして出発から15分後、外は突然
土砂降りになりました><
2階の屋根なし席にいた人々が続々と
1階へ避難(;´Д`)


何とかこのさらに15分後ロンドン塔
到着するころにはは止みましたが、
に乗ってロンドンらしい天気
垣間見ることができて、もいい体験が
できたのではないでしょうか!?(笑)
雨のタワーブリッジ



ちなみに、この日のために買った
ロンドンパスは先日Sale
1日券£50程度で購入したのですが、
 ・ケンジントン宮殿(£18)
 ・ウェストミンスター寺院(£20)
 ・グリニッジ旧王立天文台(£9.5)
 ・テムズ川クルーズ(£18.5?)
 ・ロンドン塔(£25)

を回り、合計£40以上の節約に!!
とってもお得に回れました♪




(次回記事「たびたびアフタヌーンティへ☆~Waldorf Hilton~」)



↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

ウェストミンスター寺院にやっと行ってきた!


(前回記事「ケンジントン宮殿でダイアナ妃を想う」)



冬月は9か月以上ロンドン
住んでいるにもかかわらず、
あまりロンドン"ウェストミンスター地区"
に来ることがないため、このあたりの
観光地に入ったことはありませんでした。


が、今回初めて
 ウェストミンスター寺院
に入場してきました!!
(入場料は£20!)



ウェストミンスター寺院
 20 Deans Yd, London
 公式HPはコチラ

ウェストミンスター寺院
  ↑
 これも、ケンジントン宮殿などと同じく
 クリストファー・レンが設計を手掛けた建築!



内部は写真撮影禁止です。


この日は土曜日
私たちはロンドンパスを持っていたため
ロンドンパスについては明日のブログで!)
事前にチケットを買っている人用の列に
並ぶことができサクッと入場しましたが、
すごい混んでました!!


見た目、白い壁で新しく見える方が
出口側。
ウェストミンスター寺院(出口)


古い感じの、荘厳なバラ窓がついている
方が入り口側です!
ウェストミンスター寺院(入口)



中で、無料
オーディオガイド
が借りられます!


さて、コチラは泣く子も黙る
世界遺産なのですが、
基本お墓です。



誰のお墓があるのかというと…

一部を除いた、13世紀~18世紀の
イギリスの王たち

一挙にこちらにいて、中では
彼らの名前が付いた礼拝堂なんかが
いくつもあります!

このほか、
 ・あの引力発見のニュートン
 ・進化論のダーウィン

なども!!

書籍部門だと、
 ・詩人のベン・ジョンソン
 ・クリスマスキャロルなどを執筆した
  作家、チャールズ・ディケンズ
 ・変わった辞書を作った
 サミュエル・ジョンソン

そして
 ・音楽家のヘンデル
なんかもいます!!


…しかし、正直誰のお墓がどこにあるのか
さっぱりわかりませんでした(´・ω・`)
床にある墓石とか、みんな踏みまくってるから
文字とか消えてっちゃってるし…(´・ω・`)


あと、昼過ぎに行ったからかもしれませんが
激混みで、あまりゆっくり見られません
でした^^;




もしかすると、寺院としての建築模様を
観に行く感覚のほうが、シロート(冬月なんかのことね)
は楽しいかと思いましたとさ!(笑)



さて、この後はグリニッジへ行き、帰りは
テムズ川クルーズボートに乗ってみましたので
そちらのレポです☆




(次回記事「テムズ川をボートで移動してみた!!~グリニッジからロンドン塔まで~」)



↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

ケンジントン宮殿でダイアナ妃を想う

文字色
(前回記事「ポートベローマーケットでアンティーク三昧☆」)



この日は朝ポートベローマーケット
繰り出し、そのあと10時オープン
 ケンジントン宮殿
へ行ってまいりました!!



○ケンジントン宮殿
 Kensington Gardens, W8 4PX
 公式HPはコチラ

ケンジントン宮殿
  ↑
 セント・ポール大聖堂グリニッジ旧王立天文台など、
 ロンドンの主要建築物をたくさん手掛けた
 "クリストファー・レン"の建築です☆




ケンジントン宮殿と聞いて思い出すのは、
皆さんもそうだと思いますが、
ダイアナ元王妃が元住んでいた
宮殿だということですかね。
彼女は離婚した後も、この宮殿に住むことを
離婚条件の中に入れたそうです。



さて、では早速入場!!
(入場料は£18
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



グランドフロア(日本でいう1階)には
王室の写真が飾られています。
ケンジントン宮殿のグランドフロア①


ダイアナ妃、やっぱり綺麗…!!
ケンジントン宮殿のグランドフロア②




特に順路らしい順路はないのですが、
次は王族の方々が来ていたお洋服
飾られている部屋へ。
衣裳部屋
よく見てみると全ての仕立てがしっかり
していて、デザインが大胆なものもあり、
そして色も鮮やかだったりする!!
素敵~~~♪(*´艸`*)



ほかの部屋には、ダイニングルーム
音楽ルームなんかもあるのですが、

ダイニングルーム


冬月が気に入ったのは"子供部屋"
子供部屋
おもちゃ洋服なども置いてあり、
こんな部屋で育ちたかったと思いました^^;
一緒に行った
 「身分が違うやん(・∀・)」
と諭されましたが…。。



ケンジントン宮殿、思ったよりも
小ぢんまりとしていたので、1時間弱
回ることができました☆
帰りはメインエントランスの方から
出てみましたよ。
ケンジントン宮殿(正面)


宮殿内を、
 「あ、ここの空気をダイアナ妃は
  吸っていたんだな…」

とか、
 「この壁を触ってたのかしら…」
とか思いながら歩くのが楽しかったです!!



ここから、次はバッキンガム宮殿を経て
ウェストミンスター寺院
向かいましたとさ☆




(次回記事「ウェストミンスター寺院にやっと行ってきた!」)



↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

街で見かける緑の小屋、知ってる?


(前回記事「ロンドン長期滞在日本人の知恵を拝借!!」)



ロンドンに来たことのある方、
こんな緑の小屋
ロンドンで見かけたことは
ありませんか??
緑の小屋


これ、セントラルロンドンでは
いたるところに見つけることができる
小屋です。
(ちなみに上記写真はRussell Square公園の一角に
 あるもので、何かに使われている形跡はナシ。)



これ、何の小屋かというと…
なんと、
ビクトリア時代に作られた小屋
なんです!!Σ(゚□゚;)



その昔、馬車ロンドンを蔓延っていたころ。
馬車扱っている方々お馬ちゃんたち
休憩をとる場所だった小屋
なんです!!

昔は馬車の横に、馬用の水飲み場なんかも
あって、中では馬車運転手(っていうのか?)
ごはんを食べていたそうな。
ちなみに、中にはキッチンがあるらしい!




時代が変わって、現代は・・・。
こちらはタクシーの運ちゃん
休憩場所
として再活用されています!!
ロンドンのこういうところ、すごいよね。


この緑路の馬車、上記写真のRussell Square
では道のわきにあったけれど、
ケンジントンのほうに行くと
道路の履行する間に設置されていたりする^^;
道路の中央にある緑の小屋
この小屋の前後にタクシーが止まって
休憩するんだって…すごいな(´・ω・`)


時代が変わっても、人を運ぶ運転手
思いが詰まった小屋でしたとさ☆





(次回記事「ジャンボマッシュルームに手を染めたぜ…」)



↓よろしければクリックを(^^♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

プロフィール

冬月Rii

Author:冬月Rii
どうも皆様はじめまして。
英語全くしゃべれない、インド×日本のハーフ公務員・冬月がお送りする、イギリス生活記録です。

ブログも初☆
海外の仕組み全然わからんちん(^0^)/

の生活から、1年のロンドン生活を経て、成長していくさまを描きたい!という、
成長するか全然わからない状態で書くブログです。
駄文、お許しくださいねm(_ _)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム